無料ブログはココログ

« パソコン変更 | トップページ | データ復旧 »

2010年12月 5日 (日)

取説翻訳とか

 サウンドエディタの件で悩んでいた時、何か手がかりはないかと、英語の取扱説明書を翻訳してみた。いや、翻訳したのは私じゃなくて、ネットの無料翻訳サービスだけど。
 もちろん、翻訳するためにはその文章をパソコン内でテキストにしなければならない。短文ならいざ知らず、取説を1冊タイピングして入力なんて論外。スキャナ付きのプリンタがあるので、それで入力しよう。
 通常、スキャナで取り込んだデータは、文章だろうが絵だろうが、画像として認識される。その画像の中から文字を読み取り、テキストデータへ変換してくれる、とっても便利なソフト(OCR)がある。
 日本語の場合は漢字が多いので難しいけど、英語ならフリーソフトあるかなぁー、なんて探そうとしたら、プリンタ付属のOCRソフトがあった。あ、付いてたんだ(^_^; 今までその用途で使ってなかったから、気付かなかった。

 ラッキー!と、取説のページをスキャナで読み込んでいく。取り込んだ画像データをテキスト変換すると・・・アルファベットや数字として認知されずに文字化けしている箇所がある。あるいは、スペルが間違って変換されている箇所もある。
 これは「プリンタのオマケソフトであるから」というよりは、元の取説の文字フォントが認識しづらい物を使用しているからだと思う。メカっぽさを演出するためか、取説は、カクカクしたデジタルっぽいフォントを使用し、しかも文字が小さい。おかげで、文字認識度が若干、低くなる。
 仕方ないので、取説とモニタの中の変換した文字を見比べて、所々、手直しをする。1ページ終わるごとに、翻訳サービスにかけて、日本語化した。もちろん、翻訳は直訳なので文章として変な部分もあり、そこは自分で文章を整える。関係ありそうなページをやったが、取説の半分くらいか。見比べるのに、ひたすら目が疲れた。
 結局、目当てのサウンドエディタのエラーにかかわる物は見つからなかったが、プリントアウトして、息子が使う時に役立つだろう。

 さて、メモリ増設したNECノートパソコンは快適なようだ。
 もちろんCPUやクロック周波数の違いも含め、今までのVAIO Wに比べると「YouTubeの再生が、すごく早くなった!」とは、夫と息子のセリフである。今まで、重いデータは、途中途中で止まっていたのだ。彼らが見る動画は、主にアニメだが。
 なるほど、動画の読み込みが遅いのはADSLの回線速度が遅い(ウチのは12M)だけってワケじゃ、なかったのね。ダウンロードしたデータの処理能力も関係してたのか。などと感心しつつ、そーじゃ、ないだろ! 本来の目的は。

 NXTソフトを起動し、基本的な使い方を覚えるための「ROBO CENTER」というチュートリアルを、息子と共にやってみる。
 ほれ、この画面の通りにロボット作って。そしたらプログラムは、ここ、見て、やって。できたか? んじゃ、プログラムをUSBケーブルでロボットに送って。スイッチ、オン! ジジジジ・・・。おお、ちゃんと動いとる!
 ちょこちょこと、プログラムを変えては、NXTにデータを送る。んー、いちいちUSBケーブルつないで、送って、外すの、面倒だな。

 そうだ、無線でもデータ送れるじゃん!

(この頃、息子の先輩チームはWRO JAPAN大会を経て、なんと!国際大会の出場権を獲得していた! 拍手喝采!!!)

« パソコン変更 | トップページ | データ復旧 »

セッティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パソコン変更 | トップページ | データ復旧 »